FC2ブログ

マー子のざれ言

笑いながら死にたい

勘の鋭い生命体


「mixi」 の日記と、
被ってしまうのだが 一応。


さっき、
桜庭 一樹 原作 「砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない」

漫画 を観た。

今日弟が 興味本位に買ったそうで、
本の半額払い、見ていったのだが。


暗すぎるストーリー。

心が沈む と、「mxi」 でも 言ってしまったが、
本当にそう。 なんか、しばらく 虚無感 に耽る。


本の値段は かなりしたが、
なかなかどうして、読ませる内容だと思います。













昨日はもう、
仕事の忙しさ に 地団駄踏んだわw!

「はぁ!?この会社、パンクして倒産しちゃえッ!!」
って 内心、地団駄踏んだw!


今年の中でも、一番を争う勢いだった。
そりゃぁ 書かないだろう。

「職種:ブロガー」 と書いても 何ら遜色の無いマー子ちゃん。
そのマー子ちゃんが そう言うんだ。 間違いない!

間違いだとしても 君、地団駄踏むのやめなさいw!




「真希波・マリ・イラストリアス」

遂に メガネ属性現る!























































今日は、

「出来るメン」 に会い、知人と会ってきました~。

ヒョー!













「出来るメン」


「まだ結構、遠い未来の話」 と思っていた、
「出来るメン」 との レコーディング。

気づけばもう、今日の出来事!


キエェェェ と 心叫びつつ、
黙々と準備し、「出来るメン」 の元まで。




入って 迎えてましたるは、
「出来るメン」 のもとで ライブとか、CD とか作ってる人。 レーベルの人かな?

その人と 出くわして。

「あわわ、はじめまして~」 と、
人見知り的演出 を バッチリかまし。

なんか その人から、名刺をもらった。
「これから何かあったら、宜しく~」 と 気さくな挨拶いただきました~! あざ~したぁー!!













レコーディング。


あんまり 難しい事はしてないので、
思いのほか 録音はサクッと進み。

ベース、バッキングギター と、順調に録れて。

「よ~しじゃあ 歌っちゃおうか!」




あばばww!!


予期してなかった!
こんな事なら 「うがい」 とか、メンタル面の準備 したら良かったわぁ・・・。

何だかんだ言って 歌った。




自分の声って 録って聴いてみると、
なんか違和感・・・。

甲高く聞こえる・・・?なんか 幼さが出てくる。
弟の声 にそっくりw!

この辺も 慣れていきたいよね。













あと残すは、
アコギ、リードギター、キーボードシンセ とかかな。


シンセについて あまりに無知なマー子。
「出来るメン」 の助言により。

「大体こうしたいってのを 考えてきて」 と、
優しい台詞。 その感覚を基に、「出来るメン」 が 考案してくれるそうなw!


そういうやりとりで ある人は、
「腐った感じの音」 とか言うらしい。

どんな音にしたんだろう・・・?




そんな感じで 今日は終わった。
また時間が空く。 練習って事だろ、ハイハイ。






















































知人と遊ぶ。


毎度、「冷やそうめん」 を 夕飯に出してくれる。
「SPACE SHOWER」 観ながら、「冷やそうめん」 を喰らう2人。

臼田 あさ美」 みたいな人 いないかなぁ。


Mr.Children 「UFO」 本当に名曲だ!!




で 自宅に帰り、
森見 登美彦 「恋文の技術」 ちょっと読んで。

「砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない」 を見て、
鬱な気持ちになる流れ。 今日の出来事でした~☆












さっきから 父親が、
仕事で疲れた反動から 家の不始末に対して敏感に怒り散らすモード に入る。


鬱陶しい 「マカオ風俗オヤジ」 がッ!

「おい、コレ片付けろ!」 とか、
普段 何も言わないハズのモノまで、いちゃもんつける始末・・・。

「体育会系の迫力って、ずるいね」 と 呟きながら、
黙々と片付ける弱者。 家庭内地位。




「政治家」 になった途端に、
悪人 みたいな空気が出てくる あの雰囲気。













明日も 休日~。
もしかしたら明日 波乱万丈歴史 に、1ページ刻むかもしれない。

分からない。 「好き」 と言われたい。


これから、「けいおん!」 アニメを 観るんだ。
コレ本当 朝シャンした後 のような爽快感 吹き抜ける!

ほんやわしてて 癒しアニメだわ。













じゃあ この辺で。
宇多田ヒカル 「BLUE」 心に穴開く。













では~。


スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する