マー子のざれ言

笑いながら死にたい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

白くてちょっと丸い何か


 ミルクティー特有の、甘味が口の中にずっと残る感じが嫌だと、いつか、エリカが言ってたのを思い出して、
コンビニで、ペットボトルのストレートティーを買って帰った。

 その道中、割と大きな銀行の裏口付近の路地。
夜になると、明かりがないその道はすごく薄暗くなって、ビルと隣接しているためか、圧迫感がある。
たまに吹く向かい風が、厚手の上着からでも針のように突き刺さってくる。
 いつかエリカと、近道だからといって、夜、その道を通ろうとしたら、本気で嫌がっていたことを思いだした。
 「ここって何かさあ、あの世とこの世の境目みたいじゃない?人が死んで、魂とかになったら、絶対、
こういう道を通って、あの世に行くんだと思うよ。すごく冷たいし、何だか、即死した人とかって、まだ何かさ、
自分はまだ生きてると思い込んだまま、死んで魂だけになった感じあるじゃない?それってまだ、生きる『気力』
みたいなものを持ったまま、あの世に行っちゃってるみたいな。その、生きようとする『気力』を、
ここで全部削ぎ落としていく作業とか、しそうじゃない?ここにいると、何か死にたくなるもん。すごく死にたくなる」

 そそくさと、速足でその道をかけぬけていき、出口にさしかかって、ようやくぼやけた黄色の明かりが見えてきたあたりで、
「白くてちょっと丸い何か」が、上から落ちてきたみたいに、ボクの手前5メートル近くに出現し、
考える思考がまとまらないうちに、その「白くてちょっと丸い何か」が、腹あたりに突進してくるぞ、みたいなフェイントというか。
 言葉にすると、「いくぞ!」みたいな意志というか、そういうのがボクの脳裏にすごいスピードで焼き付いてきて、
その頃から、やっと、「俺は『白くてちょっと丸い何か』を見た」ということが、しっかりと頭で確認がとれた状態。
 詰まる話、本当に一瞬の出来事だった。とにかく、目でその景色を描写していく作業が、全然追いつかなくて。
例えば、足の小指を角にぶつけたとき、激痛がやってくる前のほんの瞬間、「あ、くるぞ」みたいな、ちょっとした感覚。
あれにすごく似ていたように思う。腹あたりに突進をくらって、「あ、痛みがくるんだな」みたいな。
 だが、「白くてちょっと丸い何か」は、ぶつかる寸前で姿が消えた。
 すーっと、どんどん透明になっていって、ボクに近づくにつれて、存在が希薄になっていくような感じだった。
 身体をすり抜けたのかと錯覚したが、特に外傷もない。強いて言うなら、驚かされた直後に胃の上の方で起こる、
どっと、重たいものが埋め込まれているような感じ。それだけだった。

 家に帰宅して、エリカとストレートティーを飲みながら、「名探偵コナン」を見た。
 ミステリーな話は、勝手に頭が色々と考え込んでしまう不思議な魔力があると思う。この歳になってもそれは同じで、
「白くてちょっと丸い何か」のことで少し疲れているのに、答えを求めようとしているボクがいて、余計疲れてきた。
 「こういう話考える人ってさ、簡単に人を殺せると思わない?こんなのされたら、普通解決出来ないよこんなの!」
 難解な事件にテンションがあがるエリカは、新しい物でも見たような子どもの眼差しで、「名探偵コナン」を凝視している。
その顔をみていると、いたずら心が芽生えてしまい、勝手にテレビのチャンネルを変えてやった。
 ボクの予想通り、「あーんいじわるー」と呻いてみせたエリカは、ふくれっ面でこちらを睨んでいる。可愛い。

 次の日、「昨日母親がダンプカーに突き飛ばされ、即死した」と、父から電話があった。














スポンサーサイト

PageTop

小腸でロープウェイ


投げやりになってはいけない と、とにかく念じてみるんだけど。

人生で1番の殺意に見舞われている からね。
あと何か1つでもあれば、本当に殺すと思う。


殺さないと 将来はない。

結婚も出来ないしやりたいことも出来ないし空気はまずいし
気晴らしに 何か弱い生き物を、何匹か殺しておくとか、そういうのないとヤバい。
これはやばい。 もう少し経済的に強くならないと黙殺出来ないkら本当に殺す必要があるのは当然よねー




だから 家族も全員殺すし、
「ユーにード、黒にんにくぅ~???」 と言いながら、フードプロセッサーでミンチにした犬の肉を田畑にまく。

「犯人は新興宗教をやってました」 ってんで、町中てんやわんやっ☆


思いこんだでぇぇ~~~ 思いこんだでぇぇぇぇぇぇ~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!hhhhhhh




どうしたらいいん。  何でお前、身体の一部やん・・?  ニトリかお前は


殺さないけどねマジ怖いし。   自殺もしないよマジ怖いもん。
川の魚とかを、手で握りつぶしたりして 気を晴らすよ♪ あれ、気持ちいいんだ!




嘘しか歌わない人かちょれいー。  殺すぞ!!!!














殺すぞ!!!!





















































くそみたいな人間しかいないし、その 「くそ」 を隠しているのもハタから観たら 「何してんの?」 のオンパレードだしね。 ちょっと知能がある生き物殺したいーーーーーーーーーーーーーーー



殺したい。 アクア????


PageTop

ハッピーダンス30分後の虚無感


将来の人生を 円滑に進めるべく、
宗教 を崇拝している人を演じ続ける愚行。 泣こうか。


自分の名前の中に、
「宗」 という感じが関与していることに 最近もやもやしてる。

名前つけるときに、そういういざこざがあったんかな? 泣こう。




泣くかバーカ!
「焼きおにぎり」 喰らって過ごすわバカタレがっ!


というのも、
おばあちゃんの崇拝している宗教の総本部が 横浜にあるんだけど。

そこに行ってしまった・・・。



豪快に 写メなども撮ったよ! 欲しい人言って☆














あまりのクソさに、気持ちがどんどん素直になり。


「へぇ~ どっからこのお金出てるんだろね! お金やもんね結局は」

「近所の人とか、マジ迷惑極まりないやろね!」

「俺もお金欲しいし、自分で新興宗教でも作ろうかなー」


などと、おばあちゃん達に 罵詈雑言を吐きだしてみるが、
一切 脳には通じず、ただただ 「ありがたいなー」 な顔。 地面に叩きつけてやろうかと思った。




そんなクソみたいな集団と、
一緒に飯を喰ったんだよ。 宗教団体の食堂みたいなところでね・・・。

「う~ん。宗教がなかったら、87点かな!」


そう言って、全部平らげる始末。 安いし、本当 宗教さえなければ って感じだったのに。




うっぷんを晴らすべく、
手帳に落書きをしたりして とにかくやるせなかった。

ただ、5万もらった。






















































自分が我慢することによって、
この絶妙なバランスが成り立っている。

お金を稼ぐって 大変だね。




「麻薬をやって人を大量に殺したら、精神鑑定で無罪になるみたいな事 誰か言ってた。人道を超えた殺し方で何十人も殺していると、裁判で そんな人間がいると思いたくないってなるみたいな なんかそんな話があって、報道されなかったりするパターンもあるらしいし、人を本当に殺そうと思ったら その人だけを殺すんじゃなくて、その家族も全員殺して友達も恋人もまとめて殺したらいいんだって☆」


PageTop

向こう岸にパスタ


コミュニケーション能力の欠如。


コミュニケーション能力の欠如。




鍋とかを煮込む音を、
「ぐらぐら」 と例える あのアレ。 どうした・・・?

オノマトペオノマトペーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




右のケツに 謎の 「おでき」 が勃発!!!


恐ろしく痛い、
気持ち お尻を浮かせて座ってるもん今。  恐ろしく良くできたアイスバー や。














「松本 人志」 の 私服のダサさ。

何だろう、アレ あの人以外がやってたら、
「うっわ気色悪ッ!!」 となるもん!


愛の光揺れてサンシャイン
















































今日は、

東京に行ってきました~。

ヒョー!














髪を切ってもらいたい。




住むところを探すまいと、
色々と探してみたのでごぜーやす。

品川 新宿 飯田橋


「飯田橋」 という場所、
駅から降り見えた光景。

最高だった!!!!!


東京の猛威!!!!

ウキウキが 隠せてなかったかもしれない。
「田舎者」 感じ、出てたんかなぁー ウヒー☆




息巻いたボクは、
何を血迷ったのか 1人で 「イタリアン」 を嗜んでしまうバカさ具合・・・。

「mixiコミュニティ」 で 「桃井かおり」 に入ってる人みたくなってしまってねぇぇぇぇぇぇ!!!


若さに乾杯☆














最強の友達は、
「完全に記憶ーー!!」 という状態に陥り。

会う予定がなかったとはいえ、ガっと脳裏に 「無理」 がぶち込まれ ぴゅんぴゅんマダム。


内輪差? 燃やしとけ燃やしとけーぃ




明日も 東京。
「ピコロモンド栗田」 による、バーモンド・セックス やんね。 死ねやド突き回すぞ!


太り方の露骨さに畏怖














じゃあ この辺で。
色違いの 「ごきげんよう!」 のライオンみたいなヤツが2人歩いていました。 楽しかったです。














では~。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。